main01

アメブロを、画像ごと全部保存

box013らくらくバックアップ in WordPress

 

画像もテーマも、
定期的に保存するバックアッツールです。

 

最近の投稿

「アメブロのバックアップができない」

アメブロのバックアップで、こんな思いをしていませんか?

  • アメブロに入っている画像の保存ができない
  • テーマの保存ができない
  • 1度はバックアップできるけれど、継続的に保存し続けられない

お客様のそんな悩みの声を聞いて、
アメブロの画像ごと、定期的に手元にバックアップし続けられるWordPressの仕組みを作成しました。

アメブロで書いてきた記事を、
画像ごとバックアップしておきたい」

 

ただ、それだけのツールです。

二重投稿はしません

 

アメブロなどのブログ記事を別のサイトで同時投稿すると、「マルチポスト」として検索順位が下がってしまう場合があります。

アメブロらくらくバックアップの目的は、あくまでも、「自分が大切に書いてきた記事や画像を、手元に念のため保存して残しておく」ということにあります。

WordPressの「下書き」として、すべての記事と画像とテーマを保存

万が一アメブロにトラブルが起きた時に、「公開」に変更すれば、過去の記事も画像もテーマの構造も、
すべてを手元で復元することができます。

画像もWordPressに保存します

 

アメブロの保存を考えた時に、ぶつかるハードルの1つに、画像の保存があります。

アメブロの画像は、「stat.ameba.jp」というURLで守られていて、アメブロ以外の取得を禁止しています。

例えば、アメブロの記事を丸ごと選択して、自分のホームページに貼り付けても、画像だけは表示できない場合があります。

それは、「アメブロのURLじゃないところから参照しようとしてるよ!」と、アメブロ側でブロックしているからです。

アメブロの保存をする時は、画像まるごと、手元に保存する必要があります。

 

アメブロのテーマも保存します

 

アメブロの保存を考えた時、もう一つ大切にな課題は、「テーマ」。

こつこつと、階層化してきたテーマを保存できないのは、とても残念です。

アメブロのバックアップでよく使われている2つのツールの課題を紐解き、解決したのが「らくらくアメブロ保存」です。テーマの保存にも対応しています。

定期的に保存し続けます

 

アメブロの保存ツールとして有名なFC2の「お引っ越しツール」は、1つのアカウントで保存できる回数に制限があります。

また、アメブロから引っ越しすることを目的としているため、そのあとも継続的にアメブロを運用して書いた記事は、保存することができません。

らくらくアメブロ保存は、「アメブロを保存し続ける」ことを目的としています。

一度設定をすれば、アメブロの新着情報を1日に1回、テキスト・画像・テーマを保存します。

アメブロの仕様の変更にも対応

 

スクリーンショット 2016-07-26 8.19.12バックアップツールを使っていて、時々聞かれるのが「アメブロの仕様の変更で使えなくなる」というもの。

どんな仕様の変更が起こるかは想定できない部分ではありますが、ある程度の仕様の変更には、手元の設定を調整するだけで対応できるようにしました。

アメブロらくらくバックアップでは、「どの場所からタイトルを取得するか」「テーマを取得するか」などを選択できます。

別の言い方をすれば、アメブロでなくても、タイトルや本文などの位置さえわかれば、保存することができます。

ブログ内リンクも、一括置き換え可能

 

アメブロなどのブログで、よく見られる手法として、「ブログ内の別の記事にリンクを貼る」というものがあります。

ブログを保存して、アメブロを閉鎖したあとは、そのブログ内リンクがすべて無効になってしまうことが想定されます。

そこで、ブログの記事は、アメブロのURLに対応させて保存するようにしました。

アメブロのURLは、
「http://ameblo.jp/hogehoge/entry-123456789.html」
のような構造をしています。

この末尾の「entry-123456789.html」を、投稿のURLとして使用します。

保存したブログ記事を、アメブロを閉鎖した後に使う場合は、
「http://ameblo.jp/hogehoge/」の部分だけ、一括で置き換えれば、ブログ内リンクをそのまま活用できるようにしました。

投稿タイプを選べます

 

いままで運用しているWordPressに、アメブロをそのまま保存してしまうと、
これまで書いてきた「投稿」と共存してしまい、使いづらいことが想定されます。

そんな時は、「どの投稿タイプに保存するか」を選択できるようにしました。

「アメブロ」というカスタム投稿タイプを作って、そこに保存するようにすれば、WordPressをアメブロバックアップとして活用しやすくなります。

動作イメージ

映像は開発中のものとなります。実際の表示とは異なる場合がございます。

無償配布します

 

アメブロらくらくバックアップツールは、まだ研究段階です。

また、WordPressのライセンス上、GPLライセンスとなる上に、ツールの内部でMITライセンスの「PHP Simple HTML DOM Parser」のライブラリを使用させていただいています。

PHP Simple HTML DOM Parser
HTML要素を取得しやすくするツール

参考URL: https://sourceforge.net/projects/simplehtmldom/files/

このツール自体、多くの人の知識に成り立っているものなので、多くの人に触れていただければと思います。

ダウンロード方法

 

免責事項をご確認の上、
下記からダウンロードしていただくことができます。

 

設定方法

  1. 必ずバックアップを取ってください。(免責事項もご確認ください)
  2. Githubからmasterファイルがダウンロードされるので、解凍
  3. 中身の「blogscraper」をzip形式に圧縮
  4. 圧縮したままのzipファイルを、プラグインとしてアップロード
  5. プラグインを有効化
  6. 設定 → ブログ読み込み設定 より、必要な情報を記入
  7. wp-cronを使うので、有効化

 

ご登録いただけると幸いです

こちらは、義務ではありませんが、
最新情報などを配信するメールマガジンや、
ご相談にリアルタイムでお答えするLINE@の登録なども、ぜひお願いいたします。

友だち追加数
 

メルマガ登録
メールアドレス
powered byメール配信CGI acmailer
  

LINE@などのリアルタイム回答は、順次対応しますが、質問多数になることが想定されますので、全体的なご質問に対しては公式サイトの「よくあるご質問」を通じて回答させて頂く場合もございます。何卒ご了承ください。 

サポートについて

 

  • WordPressへの設定方法がわからない
  • ブログの取得の設定方法がわからない
  • サーバーの設定がわからない

などのご相談もあると思います。

その際には、大変恐縮ですが、当方にも労力がかかってしまいますので、無償で全員に対応することができません。

2パターンのサポートプランをご提案させていただきます。

免責事項

  • 研究中のプラグインとなります。MITライセンスにて無償配布します。
  • 本プラグインは「手元に自分のデータを保存する」ことを目的としています。第三者のデータを使用目的で勝手に複製利用することは著作権違反等の法律で罰せられます。
  • 本プラグインを利用して発生したいかなる損害にも、当方は一切の責任を負いません。
    自己責任で運用をお願いいたします。
  • アメブロ側のサーバーに過度な負荷をかけないためにも、記事の取得に一定の間隔を設けています。アメブロ側のサーバーに過度な負担をかけた場合は、アメブロ運営の利用規約に則って、ペナルティなどを受ける可能性があります。その際にも、当方は一切の責任を負いません。自己責任での運用をお願いいたします。
  • アメブロのすべてのコンテンツを1つずつ取得するので、アメブロのアクセス解析が10倍以上に跳ね上がります。保存中は正確な解析ができなくなることをご了承ください。
  • 必ずWordPressなど、必要なデータはすべて復元できる状態にバックアップを取ってください。既存のデータが壊れてしまった場合でも、責任は負いません。

 

必要条件

  • WordPress 4.5〜
  • PHP 5.6〜
  • wp_cronに耐えるサーバー(xserver/ロリポップ 動作確認済)