これまでバックアップしたアメブロ記事

15,237

1ヶ月に1回ほど更新していきます。2017年8月現在の概算となります。

まずはアメブロ。
ブログ集客を次のステージへ...

らくらくバックアップとは?

お客様が運営されているAmebaブログ(通称アメブロ)記事のバックアップサービスです。

アメブロは日本一のブログサービスとして多くの方が利用されています。
しかし、最近ではアメーバブログのアカウント削除や記事の削除が進んでおり、大切な記事が削除されていた!
ログインしようと思ったらアカウントが削除されていてログイン出来なかった!ということが多発しています。
Ameba側は、正式な削除理由は公表していません。

あなたのブログ記事は大切な財産です。
削除されるかも…という不安、バックアップを取らないと…という煩わしい心配から解放されませんか?

らくらくバックアップサービスでは、アメブロでこれまで書き溜めた記事と、これから書く記事を自動でバックアップし、あなたの大切な財産を守ります!

らくらくバックアップサービス
3つのポイント

自動でバックアップ

・1度設定したら、アメブロのバックアップを取り続ける
・少しずつバックアップするので、サーバーエラーが起きない

画像を保存できる

・画像もすべて、自分のサーバーに保存する
・アイキャッチ画像も自動で設定

テーマを引き継げる

・テーマ構造もすべてカテゴリに保存できる


サービス概要

バックアップできるもの

・記事本文
・記事に使われている画像
・テーマ

バックアップ時に設定できるもの

・投稿者
・投稿タイプ→「アメブロ」などを独自に作れます
・下書き状態か、公開状態か
二重投稿を避けるために基本は下書き

バックアップ間隔

・1日に1回
RSSフィードから記事を取得


こんな方にオススメです

  • アメブロの削除に対して、漠然と不安を感じていている…
  • バックアップを取りたいけどやり方が分からない…
  • パソコン操作がどうも苦手…
  • デザインをカスタマイズしているのでバックアップできるか不安…
  • 自分でやるのがめんどくさい!
  • いますぐにアメブロをやめたくはないけど、いずれは自分のメディアを持ちたい!

アメブロをWordPressに
バックアップをし続けます!


ブログ集客を次のステージへ

Amebaブログ(アメブロ)の最大の魅力は「まずは、アメブロ」と思わせるだけの気軽さと、実用性です。

特にこれから活動を始めようとしている個人の方には最高のツールです。

今はお金がないけれど、活動の発信はしていきたい…
ホームページは作れないし、WordPressはわからない…

そんな方が「まずは、アメブロ。」と気軽に始められる素晴らしいサービスが整っています。
ただ、アメブロの最大のネックがあるとしたら、

「まずは」の、次に進みにくいということです。
「次は・・・」が、続かない。

なぜなら

「まずは」で書いた数百件、数千件の記事が外に持ち出せないからです。
持ち出せたとしても、色々な制約がつき、実用的ではない部分が多いのが現状です。

今後自分のメディアを持ちたいと思っている方、
今までの記事を次のステップに生かしたい方、

今から次のステップへの準備も一緒に始めませんか?
アメブロらくらくバックアップサービスは煩わしいことはすべてお任せいただけます。

FAQ


WordPress.com で作ったサイトでも使えますか?

WordPress.com は、無料プランではプラグインに対応していません。

プラグインを実装するには、有料の「ビジネスプラン」にする必要があるのですが、
らくらくバックアップは、WordPressの公式プラグインではないため、こちらでも実装をすることができません。

申し訳ありません。

ロリポップなど、安価なサーバーをレンタルいただければ、そちらで対応可能です。

ただ、ロリポップをご契約される場合は、WordPressをインストールできる「ライトプラン(月々250円〜)」以上をご契約いただきますよう、お願いいたします。

ご相談いただければ、この辺りもサポートさせていただきます。

月々にかかる費用はありますか?

アメブロらくらくバックアップは、
1度設定したらその後の費用は発生しません

ただし、サーバー代やドメイン代などの実費は発生いたします。

  • サーバー代の例: ロリポップ 月々300円程度
  • ドメイン代の例: ムームードメイン 1年間 1300円程度

月々の費用を課金しない代わりに、設定の変更やアメブロ側の仕様変更に対するサポートは、その都度、3000円程度から、別途有償にて対応しております。

その後、新着情報を取得できていない

申しわけありません。

その場合は、2つの可能性が考えられます。

  1. アメブロの仕様変更が行われた
  2. WordPressにアクセスがほとんどない

 

1.アメブロの仕様変更が行われた

アメブロ側の仕様変更により、取得できなくなる可能性はございます。

この場合、設定後6ヶ月以内であれば無償サポートの範囲で取得できるように調整いたします。

根本的に、アメブロ側がブロックしている場合には、保守範囲外とさせていただきます。

 

2.WordPressにアクセスがほとんどない

自動取得には、WP_Cronを利用しています。

これは、WordPressにアクセスがあった時に、起動する処理となります。

逆に言うと、WordPressへのアクセスが極端に少ない場合は、この処理が動かないということになり、自動取得ができません。

その場合は、アクセスがなくてもCronを動かせる処理を書く必要がありますので、サポートにご相談ください。

 

アメブロが常時SSL対応したけれど、影響はありますか?

アメブロの常時SSL対応は、把握しております。

その後も、問題なくタイトルや画像など、取得できております。

どこまで情報を取得できますか?

取得できるのは

  • タイトル
  • 本文
  • 投稿日
  • テーマ(カテゴリ)

となります。

アメブロの外観については、引き継ぐことはできません。

アメブロには対応していますが、他のブログサービスには調整が必要なこともございます。ご了承ください。

どんな風に保存されるの?

WordPressの投稿の1つとして、「下書き」状態で保存されます。

公開状態で保存することも可能ですが、
インターネット上に2つの同じ記事が存在するのはSEO的にはオススメできません。

画像は、WordPressが設置されているサーバー内に、「ameblo_images」というフォルダを自動的に作成し、日付ごとのフォルダに分けて保存します。

例えば、2016年7月19日の記事であれば、「ameblo_images/20160719」というフォルダに、画像の名前を引き継いだ状態で保存されます。

アメブロの利用規約に違反しないの?

以下、Amebaの利用規約の一部を引用します。(2017年8月現在)

第12条(知的財産権等)

  1. 本サービスを構成する文章、画像、プログラムその他一切の情報について発生している著作権その他の知的財産権、肖像権及びパブリシティ権その他の人格権ならびに所有権その他の財産権は、利用者が自ら作成したもの(第10条第2項に掲げる場合を除きます)に関する権利を除き、当社又は当該権利を有する第三者に帰属しています。
  2. 当社は、利用者が本サービスにおいて投稿、アップロード又は保存した全ての情報(文字情報、画像情報等を含みますがこれらに限られません)について、これらを保存・蓄積した上、本サービスの円滑な運営、改善、当社又は本サービスの宣伝告知等(第三者のメディアへの掲載を通じた紹介記事・コンテンツ等も含まれます。)を目的として、あらゆる態様で利用できるものとし、利用者はこれに同意するものとします。
  3. 利用者は、自己の著作物に関して、第三者の権利侵害等の問題が発生した場合、自己の費用と責任においてかかる問題を解決するとともに、当社に何等の迷惑又は損害を与えないものとします。

となっており、「自分で作成した文章と、撮影した写真」に関しては、あなた自身に著作権があります。

また、らくらくバックアップツールは、「下書き」として保存をするため、ご自身が作成したコンテンツを、ご自身の著作権と管理体制の元に、保存する行為となります。

「自分で作った内容を、自分の手元に保存をしておく」という目的のみに限ってツールを作成しているので、Ameba様の利用規約を遵守しているとともに、他のブログサービス様の利用規約にも則った運営を、自己責任の上でお願いいたします。

過去の記事は何件まで取得できますか?

基本的には、取得する件数の上限はありません。

これまでの例ですと、2000件以上のアメブロ記事をWordPresに保存したこともあります。

料金

初回のみ 9800円

内訳
月々かかる費用 0円
サーバー代 実費
ドメイン代 実費
設定費用  初回のみ 9800円(税込)

 

WordPressのインストール・初期設定が必要な場合

+5,000円(税込)

ご相談いただいてからのお申し込み・お支払いでも対応可能です。

お支払い方法

  1. お申し込みフォームよりお申し込みいただくと、LINE@アカウントへの招待が表示されます
  2. LINE@アカウントを友達として追加していただくと、WordPressのヒアリングとともに、お支払い方法が表示されます
  3. お支払い確認後、バックアップ作業を行わせていただきます

対応支払い方法

  • 楽天銀行
  • 横浜銀行

 

サービスの流れ

1
まずは下記フォームからお申し込み
2
LINE@にて、WordPressのログイン情報をヒアリング
3
あなたのWordPressに、らくらくバックアップを設定

※必要であればWordPressのインストールや設定など
4
ご入金を確認後、アメブロのすべての記事をバックアップ
5
その後は、1日に1回、アメブロを自動的にバックアップし続けます

必要なもの

サーバー環境 最新のWordPressがインストールできるサーバー

例:
PHP5.6 以上
MySQL 5以上

やり取りの方法 LINE
Facebook
Email(PCのメールアドレス)

お申し込みフォーム

必須お名前
フリガナ
必須メールアドレス
必須確認のためもう一度
必須取得したいブログのURL
メッセージ

ご利用にあたっての注意事項

本プラグインには、その時点でのWordPressの最新版が稼働するサーバー環境が必要となります。
ご事情により、WordPressのバージョンがあげられない場合は、対応をお断りさせていただく場合もございます。
アメブロの記事を取得している間は、アメブロへのアクセス数が跳ね上がります。
アクセス解析をしている場合は、正常に取得できない時期があります。
特殊なデザインテーマを適用している場合は、正常にアメブロが取得できない場合がございます。
アメブロを全件取得するまで、テーマを白紙に戻していただく可能性がございます。
アメブロの仕様変更などで、取得できない場合がございます。
初期段階で取得できない場合には、お代はいただきません。

また、自動取得の設定後6ヶ月以内にアメブロの仕様変更があった場合は、無償にて調整プラグインを配布させていただきます。その際の対応として、修正プラグインをダウンロードして頂き、サーバーにFTP接続でアップロードしていただく必要がございます。何卒ご了承ください。サポートについては、受け付けます。

本プラグインの利用前には、必ずバックアップを取っていただくようお願いいたします。
本プラグインを利用されたことにより、既存のWordPressにトラブルが発生した場合には、お取りいただいたバックアップからの復旧作業により、弊社においては免責とさせて頂きます。
バックアップ自体がない場合や、本プラグインをご利用されてトラブルが発生した場合など、本プラグインによって生じたいかなる損害に対しても、弊社は賠償責任を負わないものとします。
特に、他人の著作権侵害や、アメブロ様への高い負荷をかけ続けるような行為につきましては、本プラグインの利用を禁止させて頂きます。
また、その行為により弊社に損害が及ぶ可能性がある場合には、法的措置による対応をする場合もございます。
本プラグインの知的財産は弊社に帰属しております。サーバーからプラグインを取得し、二次配布する行為を発見あるいは通報を受けた場合、本プラグインの開発にかかった開発費用のうち、然るべき金額をご負担頂きます。発見時にプラグインの配布を停止していても、二次配布の証拠を発見した場合には過不足なくご請求をお送り致しますので、無断での二次配布は固く禁止いたします。